« 寝台特急トワイライトエクスプレス 遅8001レ EF81-114号機 | トップページ | 寝台特急あけぼの 日本海縦貫貨物 »

2013年4月17日 (水)

「レールバスとあそぼう  2013」のお知らせ

2013ivposl

2013/5/3(Fri)~5(Sun)開催予定。入場無料です。

レールバス(キハ102)修理中のため体験乗車はありません
※重連も期待出来ませんね。

デモ走行は3日間行われます。

5/3(Fri)は車両撮影会、5/4(Sat)~5(Sun)は軌道自転車(レールバイク)の体験乗車(1往復300円)が行われます。

詳細はこちらをご覧ください。

 

また5/5(Sun)はJAFコーナーにて「子ども安全免許証」が無料発行されます(10:00~14:00)。

※終了いたしました。

 

2013/4/18(Thu)追記。

レールバス町有化についての東奥日報記事です。

2012/10/29日(Mon) 朝刊

 七戸町が、かつて同町と野辺地町を結び、今は廃線となっている旧南部縦貫鉄道のレールバス車両や施設の町有化を検討している。
 車両などを所有する南部縦貫(本社・七戸町)が、消費税未納分を追徴課税され資産売却を進めていることから、観光資源となっている鉄道資産の散逸を防ぐのが目的だ。小又勉町長は12月町議会までに方針を示す意向だ。
 レールバスは、製造コストを抑えるためにバスの部品を多用した鉄道車両の愛称だ。同社のレールバスは製造から半世紀がたった今も動かせる状態で保存されているところに希少性があり、魅力になっている。
 その動態保存を支えているのが鉄道愛好家でつくる「南部縦貫レールバス愛好会」(一般社団法人、星野正博代表理事)だ。町有化すれば、レールバスの安定的な保存・活用が期待できる。ただ、町の力だけで、できることは限られる。
 町には、愛好会と協力して良好な状態でレールバスを保存しながら観光振興や商品販売などの具体的な活用方法を探ってもらいたい。また、財政負担を伴うことから、議会や町民に目的を説明し理解を得ることが必要だ。
 レールバスを運行していた旧南部縦貫鉄道は経営難から休止を経て、2002年に廃止された。運行当時からファンだった星野さんたちは1997年に愛好会を設立し、車両や施設の保存活動を続けてきた。
 2004年には、元運転士の協力で初めて復活運行を実現した。以来毎年5月に開いている体験乗車会には約3千人が訪れる。また、東北新幹線七戸十和田駅開業後の11年1月からは町観光協会が旧七戸駅舎に職員を配置、通年で施設を見学できるようにした。
 ところが、南部縦貫が11年12月、七戸町などと08~10年に結んだ業務委託契約をめぐり十和田税務署から消費税未納分約1億2千万円を追徴課税された。同社が経営改善に取り組み、追徴分の一部に充てるため資産売却を始めたことから、町が鉄道資産の取得を検討することになった。
 これまでレールバス保存を担ってきたのは愛好会だ。同会は行政の補助金や寄付に頼ることなく体験乗車会の会員証やグッズ販売の売り上げを修繕費に充て、足りない分はメンバーが負担してきた。
 一方で、愛好会の活動には町観光協会や元南部縦貫職員らが協力しているものの、町民への広がりは限られていた。町有化されれば、レールバスは町民共有の財産となり、身近な存在となることも期待できる。
 町がレールバス施設を所有し、愛好会が車両等の保全を担当、町観光協会や商工関係者、町民がサポーターとなる。町有化はレールバスを支える役割を見直し強化する良い機会だ。
 沿線の風景や支える人、歴史も含めてレールバスは七戸町にしかない貴重な鉄道遺産だ。地域振興や観光にうまく活用できれば町民の関心も高まり、保存活動の広がりにもつながる。

 

 

2013年02月09日(土)

追徴課税負担めぐり簡裁に調停申し立て 七戸・南部縦貫

 七戸町の南部縦貫(橋本彰社長)が同町などと過去に結んだ業務委託契約をめぐり、十和田税務署から多額の追徴課税をされている問題で、同社は8日までに、町など3団体が応分の負担をするよう、野辺地簡裁に調停を申し立てた。
 同社は2011年末、08~10年度の委託業務の人件費にかかる消費税の未納を同税務署から指摘され、約1億2千万円を追徴課税されている。同社は発注団体に責任があるとして、町、中部上北広域事業組合(七戸、東北両町で構成)、上北地方・教育福祉事務組合(上十三9市町村で構成)に対して全額の支払いを求めたが、3団体は拒否。主張は平行線をたどっていた。
 8日に野辺地簡裁で開かれた第1回目の調停には縦貫の橋本社長や七戸町の大平均副町長らが出席。同社や町によると、簡裁が調停案を出すための判断材料として、4月に予定されている次回期日までに、縦貫のタクシー事業の譲渡や土地の売却などで得られる金額を確定するよう求められたという。
 終了後、橋本社長は「タクシー事業の譲渡を進めていきたい」とし、大平副町長は「町としても土地の購入手続きを進め、調停の推移を見守りたい」としている。

 

以上

 

« 寝台特急トワイライトエクスプレス 遅8001レ EF81-114号機 | トップページ | 寝台特急あけぼの 日本海縦貫貨物 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

日付を見たところ、わたしとは無縁の日程でした。
いやしかし、レールバスが修理中というのが心配です。
去年の動画を見ると、煙の色があまりよろしくない色合いだったので。

KUH46さん、こんばんは。
何やら怪しい動きをしていたと思ったら…オメデトウございます(謎)。
今年度中に町有化されるようですので、資金面での目途もたち何とか復活するんじゃないでしょうか?
いやしかし、KUH46さんが来られないとは、七戸ちびき嬢もDB11機関車もさぞ残念がっていることでしょう。
キ102が復活(予定)する秋(多分夜の撮影会)は○休を取得して是非ご一緒しましょう

こんばんは!
県外の自分にとってはこういうイベントの告知はありがたいですね!
さすがに今回は場所が場所なだけに行きませんが(爆)
レポートお待ちしてます(*^.^*)
いやしかし5/5の「子ども安全免許証」はチャリ鉄さんには必須アイテムですねぇ!

某nasaさん、こんばんは。
某F町からだと十和田湖~奥入瀬渓流経由で148Kmしかありませんよ。
ちょうど十和田湖畔の桜も見頃を迎えていることでしょうから、是非どうぞ。
いやしかし、子ども安全免許証欲しいです

この記事へのコメントは終了しました。

« 寝台特急トワイライトエクスプレス 遅8001レ EF81-114号機 | トップページ | 寝台特急あけぼの 日本海縦貫貨物 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト